おひさまさん、初めてのお泊まり保育が夏休みの翌日に行われました。
20190718_122635 (1)

 

昨年のおひさまさんも海に行った事もあり
「今年も海に行ってほしいな~」と願うおひさまさんのお母さんも沢山いました。

 そして、4月からおひさまさんの日が始まり、

おひさまの子供達、おひさまの先生の気持ちも海に向かってスタートしていました。

 


やはりお泊まり保育は海でした!

20190718_125653 (1)


九時前に続々とおひさまさん達が集まり、バスに乗り込みました。
誰も泣きません。

 

田植えの時のような落ち着いた空気の中、朝のお祈りをした後、出発です。
少し余裕のあるおひさまさん、皆がお母さんに手を振り

バスが紀北町のひいけ海岸に向かって行きました。


園長先生が子供達の様子が分かるように写真をいろいろなタイミングで送ってくださり、

その写真が届く度にワクワクどきどきしながら1日を過ごし、

はじめてのお泊まりの子も多く、

お母さん達もはじめて子供が居ない夜を過ごし、

なんだか落ち着かないまま翌朝を迎えました。


そして、お昼におひさまさん達が帰ってきました。
お母さん達はバスを降りてくる子供達の顔が見たくて、

早くからお迎えに来て子供の帰りを待ちました。

 

そして、バスが到着!
20190718_121944 (1)

疲れて眠そうな子供達ですが、どの子も行きと同じように落ち着いて見えました。


おひさまさん、三人を乗せた私の帰りの車の中で、

「楽しかった?」と始めに聞くと

「楽しかった!」皆が声を揃えて楽しそうでした

「海のゴミを拾った!」

「海のお花を見た!」

「月を見た!

「星も見た!」

「蟹を食べた!」

温泉で皆で髪の毛も洗った!」

「E先生、釣りをしてた!」
「T君とY君が魚釣った!」

「海が光ってた!」と沢山の楽しかったお話を聞かせてもらいました。


その日の夕方、

我が子は眠りに落ち朝まで起きませんでした。

 


子供達は海で一杯、いろいろな体験をさせて頂きました。

そのために沢山の準備をし、当日も朝から夜、夜中、そして、次の日の朝から園に到着までいろいろしていただいた先生、園長先生、お世話になりありがとうございました!

 

おひさま母