3月生まれの4人の子ども達は、この日が、さぞ待ち遠しかったのではないでしょうか。
我が家のMも、数か月前から「誕生日をもっと早くに変えてほしい」「どうしてMは誕生日が遅いのか?」と3月の誕生日会が待ちきれない様子でした。
いよいよ当日、お誕生日会初体験の私は、Mの気持ちがよくわかりました。
一人ひとりに向けられる温かいメッセージやプレゼント、優しい歌声、ロウソクの灯。
胸がいっぱいになりました。
4人の子ども達は、皆 嬉しそうな表情をしていました。

ちなみにMは誕生日前夜、「4歳にバイバイしたくないよ~」と泣きながら寝ていったと思いきや、翌朝になって「私、5歳になったよ~」と笑顔でいつもよりかなり早く起床しました。緊張しすぎて寝られなかったのか?!

5歳の子どもが、こんなにも自分の誕生を意識して、いのちを感じているのだろうと思うと、森の風ようちえんに今、居られている事がとても嬉しくて幸せです。母としても、Mが生まれた時の原点の気持ちに戻れました。
先生方へ感謝しかありません。
子どもたちへ、生まれてきてくれて ありがとうございました。

                                                                                                                               なかや E