ようちえんで待ちに待ったお誕生会でした。4月からみんなをお祝いしてきて、やっと主役となりました。
Yは冷たい風のせいもあるのか、緊張して頬が赤く、口数も少なくちょこんと座っていました。子供達の元気な温かい歌声とオルガンの音色が森の中のあずま屋に響きわたり、優しく包み込んでくれました。
Yの背中越しにロウソクの火を見つめます。一本ずつ灯されます。生まれた時2500gしかなかったのに、大きくなったね。母はすでに涙ぽろぽろ。お友達からの山積みになった手作りのプレゼント、嬉しすぎて照れてすぐ袋にしまっていました。
おうちに帰ってメッセージを一つ一つ一緒に読みました。おめでとう、大好きだよ、また遊ぼうね、これは誰々ちゃん、これは先生、、、嬉しくて嬉しくてにこにこしていました。
お布団の中でまた思い出して安心して温かい気持ちで眠りました。みなさん今日は本当にありがとう。


番外編
お誕生会のお菓子作り楽しかったです。
おやつクラブの講師のお母さんの指導のもと、おしゃべりしながらぱっぱっと手を動かし、あっという間に120個のドーナツを揚げました。材料も一つ一つ体に優しいものを選んでいてさすがのお母さんたちです。勉強になりました。
MN