1月11日、自然学校で冬まつりがありました。
冬まつりでは、みんなでおもちをついてお雑煮と一緒にいただきます。

全日は、この冬いちばんの冷え込みでしたが、この日は少し寒さも控えめ。
お天気にも応援してもらっている感じです。
c3

みんなそれぞれにおもちつきの準備。
おろし餅の大根おろしをすりすり、お野菜を切る人、薪を拾う人、火をおこしてもち米を蒸かす。
c1c2

朝の会で力の歌を歌ってパワー充電。
c5

お米が蒸かせたよ、味見ちょーだい!
c6

もち米をこねて。これをせずにつくと、周りに米が飛び散るそうです。
c7c8

子どもも大人もみんなで『よいしょ』『よいしょ』と声をかけながらぺったんぺったん。
c10c12

2クラスそれぞれ3臼ずつ。
一つ目はのしもちにしてまた後日、二つ目はちぎりもち、三つ目はお雑煮用。
全部美味しくいただきました。
c13c15

食べた後は、みんなでじゃんけん電車。長い長い電車ができました。
c16

この日の、おもちのお米・お雑煮やちぎりもちのお野菜・お雑煮にでいただいた鶏さんは、お醤油は、ようちえんのみんなでお世話してきたもの、と園長先生から説明いただきました。

毎日のちょっとずつの積み重ねが大きな力になって、楽しいおまつりになったと感じました。
素敵な一日をありがとうございました。

YS