青空に白い雲がぷかぷか浮かぶ気持ちの良いお天気の中、今年の田植えがスタートしました。最終学年のおひさまさんにとっては、最後の田植え。

年少のもりさんの時には、確か、苗の持ち方、植え方などたくさんのポイントを先生から教わりながら植えましたが、おひさまさんは広い田んぼを任され、特に説明も無いなか、スイスイと植えていきました!みんな覚えているんですね。
69065F55-7694-499E-BE00-6BA23294A553

目印のロープが前に移動すると、みんな、一斉にさっと苗を持った手を田んぼに入れスッと植えます。その姿が、可愛いらしくもあり、頼もしくもあり。また、ちゃんと植えられたと手の感触で解るのでしょうね、ふと顔を上げた時にどの子もみんな自信に満ち溢れている目をしていました。いい表情!
言葉で教わる知識ではなく、褒められてではなく、体験として、実感出来る、自分を感じられる、達成感を感じ、自信が付く。素晴らしいと思いました。きっと、日々のようちえんの暮らしの中でもこういうことが繰り返し繰り返し、子ども達の中で育まれているのでしょうね。

作業中、本人にとって不都合なことが重なり作業が出来なくなった息子。先生が「苗を植えることだけが田植えじゃないよ、他のお仕事探してみる?」「ロープを動かす仕事をしてくれたからみんなが植えられたんだよ」と声を掛けてくれました。子どもの気持ちに寄り添って下さる温かい言葉に親子共々嬉しかったです。また、大切なコトも気付かされました。

こんな恵まれた環境のもと、信頼おける先生方、そして楽しい仲間と共にラスト1年歩んでいって欲しいです。
苗もみんなも元気に大きくなーれ!
F06ED715-73FF-43F5-844E-B0DF778B40DC


やすはる おひさま R太郎 母