🌿心の葉 3枚目🌿
なづな    母M


6年前   ã‚なたが産まれた日から親になった。
ただ、ただ愛しい。

そんなあなたへの世界にと選んだ場所
「森の風ようちえん」
私に覚悟のいる場所だった
柵がない 畑や田んぼ 、山や川
でも何かが心を動かす。
そんな私の気持ちの中、あなたの森の風生活が始まった。
そこは、いつもどんな時も溢れるばかりの愛があり、あたたかく力強い場所や仲間達だった。
人としての根っこを育む時季に森の風で過ごせて事を、ありがたく幸せに思う。
4年前  私が選んだ場所は、正しかったと胸を張って言える。

この春、あなたへ新しい世界を用意している。
私が選んだ場所が、正しいのか正しくないのか今は、わからない。
だけど、
森の風で過ごした根っこを持っているあなた
と思うだけで大丈夫な気になる。
これからもあなたの背中を見守らせて下さいね。
あなたのおやつを用意させて下さいね。
あなたにおかえりを言わせて下さいね。

最後に森の風へ導いて下さった方、先生方、一緒の時間を過ごした皆様ありがとうございます。心より感謝申し上げます。

KIMG5355

🌿心の葉 4枚目🌿
てるま母 ai

私のことを書きます。
私はこのようちえんに出会って人生が大きく変わったと思います。印象に残っているのは、6年前の風まま学習会。
「心は何をしているか?」
そんなこと意識したことない。全然わからない。
「わからなければ子どもに聞いてごらん」
当時おそらだった上の子に聞いたら「川に入るか入らないかとか、決めてる」と即答(聞いたのが夏だったんだろう)。内容、即答だったこと、どちらもとても驚いたことを覚えてます。

日々のいちいちが初めてで驚いてばかりの森の風生活。何年過ごしてもまだまだ新鮮な毎日で。(エピソードを挙げるとキリがない。)

卒園、ということは。
いよいよ、母として独り立ちかあ!!・・・今は、どきどきのほうが大きいです。

6年かかってまだ不安だなとか思っている私に比べて、子どもは成長が早いですね。
どっしり構えていて、全てのことを「当たり前」というふうな顔して生きていて、彼女と彼は大丈夫なんだと思う。
そういうふうに子どもを導いてくださった、このようちえんとようちえんにつながる全てに感謝してもしきれません。全て、というのは、一緒に過ごしてきた子どもたちお母さんたちも含め、全て、です。
本当にありがとうございました。

ようちえんは卒園で、関わり方は変わりますがこれからも引き続きよろしくお願いします。

CA3F0849