2017年3月16日
森の風ようちえん 第9回目の卒園式が行われました。

『晴れたるあおぞら、ただよう雲よ』

というフレーズを思いださずにいられない、
晴れ晴れとした、
森の中での卒園式でした。

卒園生おひさまさん17名は、
来賓の方々、
先生方、
そらもりはなの子どもたち、
そして保護者のまんなかに自信をもって立ち、
卒園をさせていただきました。

......................

卒園生は、
えいじ先生から名前を呼ばれると、
自分たちで作り上げた森の中の秘密基地から、
大きな声で『はーい!』と返事をし(姿は見えません)、
呼ばれる度にひとり、ひとり、けもの道(子どもたちが歩いてできたけもの道です)走り出てきて、
岩の上で叫びます
『こんなことができるようになりました!』
やや緊張もまじりながらも自信に満ちたおももちで、
つぎに園長先生から紙からして手作りの卒園証書を受け取りました。

...........................

旅立ちです。

田に畑に、森に草っぱらに、
山に川に、包まれてとけ込んで、
たくさんの愛に包まれてとけ込んで、
安心して育った子どもたち。

卒園、心から心から、おめでとう。

そして先生方、本当にありがとうございました。

卒園生保護者より、
森の風ようちえんと、
子どもたちに心を寄せてくださったすべての皆さまに感謝の気持ちを込めて
卒園プチ文集づくりを企画しました。
これから何度かにわけて
ブログにUPさせていただきます。

みんな心のままに、
言葉にしました。
よろしくお願いします。

編集 ブログ係 m.s


追伸
初めてよく詩をみたら
あまりにこの日にぴったりだったので
最後にこの歌を。


『よろこびのうた』

晴れたる青空 ただよう雲よ
小鳥は歌えり 林に森に
心はほがらか よろこびみちて
見交わす われらの明るき笑顔

花咲く丘べに いこえる友よ
吹く風さわやか みなぎる日ざし
心は楽しく しあわせあふれ
響くは われらのよろこびの歌


DSC_1174