お醤油クラブの仕込んだもろみがいよいよお醤油になる日がやって来ました。

朝早くから搾り師さん達と搾りをお願いしている人達が続々と集まり、お湯が沸く湯気とお醤油の匂いが漂う中、どんなお醤油になるか不安と期待でいっぱいの朝を迎えました。

もろみに湯を入れ混ぜていき、搾り袋に詰め油圧ジャッキで圧力をかけ搾っていくといよいよお醤油の誕生です(^^)ドキドキしながら味見をすると、なんとフルーティーな美味しいお醤油!搾り出しのはじめと終わりで味も変化していくのも面白くて何度も味見しました(-_^) どうなるかと思ったもろみだったので本当に美味しく出来て一安心です(笑)他の方のお醤油も味見させてもらいましたが、各々違う味がして環境によって味が違う事にびっくり⁉︎

 image

この澄んだお醤油が生醤油になります。残りは火入れをして10日程度静置した後美味しいお醤油になります。他の方達とのもろみの管理の意見交換や味見のしあいっこ、搾り師さんのお話を聞きながらの作業になりとっても楽しい1日となりました。

image

今年のお正月のお餅や煮物は、自分で作ったお醤油で美味しく食べる事が出来て大大大満足(^^)家族からも美味しいね〜と言ってもらえて本当に幸せ♡ 

さて、今年も仕込みが始まります。お醤油ってどうやって出来るのかな?
私も作ってみたいな〜と思った方!在園児、新入園の皆さま是非お醤油クラブの見学に来て下さいね。美味しいお醤油を皆んなで作りましょう(^^)  
778 f